下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う

これがかなり重要です!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。

その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!


2018年にフルモデルチェンジが実施されたフォレスター!

1997年に発売され、今回が4度の目のフルモデルチェンジとなります。

今回のフルモデルチェンジで新型フォレスターの内装はどの様に変化してたのでしょうか?

新型フォレスターの内装について調査してみました!

インパネ部分は?

まずは新型フォレスターのインパネ部分を見ていきましょう!

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

写真はX-BREAKのインパネとなっています。

グレードでの違いはステッチの色や装飾部分で、パネル自体に大きな変化はありません。

新型フォレスターのインパネは機能性があり、レーシングマシンを想像させる仕様となっていますよね。

コンパクトSUVであるスバルXVと似ているスバルらしい作りです。

では、インパネ付近を細かく見ていきましょう!

メーター部分

メーターはタコメーターとスピードメーター両方が採用され、スポーティーな印象を受けますよね!

https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.htmlより引用

また、AdvanceとX-BREAKはインパネ部分にそれぞれのグレード名がロゴとして入る特別仕様となっています。

https://outdoor-kaz.net/2018/07/13/forester_sk_xbreak/より引用

細かい変更点ですが、地味に嬉しい仕様となっており、主張しすぎないロゴが所有欲を刺激してくれます!

さらに、Advanceはメーター盤にブルーのテクスチャーが入り、ハイブリッド車である事をさりげなくアピールしています。

https://www.webcartop.jp/2018/07/253206/2より引用

メーターはグレードによって微妙な変化があるようです!

ステアリング

ステアリングには左右両方にスイッチが装備されています。

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

右がオートクルーズ関係やSI-DRIVEのスイッチ、左がオーディオ類となっています。

また、右奥はステアリングヒーター、左奥はディスプレイ表示の切り替えとなっています。

パドルシフトも全車標準装備されています!

マルチファンクションディスプレイ

ダッシュボード上に置かれたマルチファンクションディスプレイには様々な情報が表示されます。

https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.htmlより引用

先進安全装備の状況、X-MODE、燃費画面や、四駆への駆動力配分や車の前後方向の傾き、フロントカメラやサイドカメラからの画像など、様々な状況をドライバーが視認出来るシステムとなっています。

ドライバーモニタリングシステム

https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_3.htmlより引用

新型フォレスターのAdvanceグレードには新機能であるドライバーモニタリングシステムが搭載されています。

このシステムは顔認証によりドライバーを登録し、そのドライバーのシートポジションやエアコンの設定を記録する機能となっています。

この機能で登録されたドライバーが運転席に座っただけで記録していたシートポジションなどへ自動的に設定される、とても便利なシステムとなっています!

また、ドライバーモニタリングシステムには警報機能も搭載されており、走行中のドライバーの表情から居眠り運転やわき見運転といった状況を感知し、警報音や警告表示で注意喚起をしてくれます。

https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_3.htmlより引用

ドライバーモニタリングシステムは安全性能と利便性を両立した素晴らしい機能ですよね!

搭載されているグレードがAdvanceのみとなっているのが残念ですが、装備されているとかなり便利だと思います!

グレードによるシートの違いは?

内装を評価する上で外せないのがシートではないでしょうか?

新型フォレスターもグレードによって選択できるシートが異なっており、内装の印象がかなり変わってきます!

では各グレードで選択できるシートを見ていきましょう!

Touring

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

スタンダードモデルであるTouringにはTouring用ファブリック/トリコット+合成皮革を使用。

シルバーのステッチが用いられており、ブラックの落ち着いた印象を受ける内装となっています。

Premium

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

ハイグレードモデルであるPremiumにはPremium&Advance用ファブリック/トリコット+合成皮革が標準装備となっています。

使用されているステッチはTouringと同様にシルバーとなっています。

また、Premiumではメーカーオプションでブラックの本革シートが選択できます!

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

本革シートを使用する事によりPremiumの名前通り、高級感のある内装となっています。

X-BREAK

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

アウトドアレジャーに最適なX-BREAK。

シートにはファブリック/合成皮革が使用されており、全グレードで唯一撥水加工が施されています。

また、ステッチにオレンジが採用されており、かなりアクティブな印象を与えてくれる内装となっていますよね。

ステッチ以外にも細部にオレンジ色のパーツを使用しており、カッコイイ作りとなっていますよ。

アウトドアを目的にフォレスターの購入を考えている人にとってはX-BREAKは最適なグレードです!

Advance

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

Advanceに標準装備されているシートはPremiumと同様に、Premium&Advance用ファブリック/トリコット+合成皮革です。

また、Advance最大の特徴の1つは、全グレードの中で唯一ブラウンのシートを選択できる点でしょう!

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.htmlより引用

メーカーオプションとなっていますが、オシャレな内装を作り上げたい人にとってはブラウンのシートは最適ではないでしょうか?

また、ブラックの本革シートも選択できるので、高級感と落ち着いた内装が好みの人はこちらを選択する事も可能となっています。

メーカーオプションの為、金銭的な負担は増えますが、可能なら是非とも本革シートを選択したいですよね。

本サイトが紹介している下取りサイトを使用し、新型フォレスターの購入に利用できる予算を増やして是非とも本革シートを購入し、せっかくのAdvanceグレードですので、内装も最高の物にしてしまいましょう!

収納スペースは?

新型フォレスターには多くの収納スペースが存在し、自然と手が届きやすい位置に収納スペースを設けるという配慮もされています。

では、収納スペースを何点か紹介して行きたいと思います!

オーバーヘッドコンソールボックス

https://carvel.xyz/forester-inpaneより引用

バックミラー付近にはオーバーヘッドコンソールボックスが設置されています。

この部分に収納スペースが存在する車はかなり珍しいのではないでしょうか?

オーバーヘッドコンソールボックスは運転席から使用し易く、サングラスや運転用の眼鏡を保管しておくには最適のスペースとなっています。

センタートレー

https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.htmlより引用

ダッシュボード中央にはセンタートレーが配置されており、奥にUSB電源が装備されています。

スマートフォンを置くには非常に便利な場所となっており、定位置となりそうなスペースです。

前席用ドリンクホルダー

https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.htmlより引用

前席用のドリンクホルダーはシフトノブのすぐ後方に設置されています。

ドリンクホルダーの後ろにはスマートフォンや財布を収納できるポケットが付いており、利便性が高そうです。

センターコンソールボックス

https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.htmlより引用

コインホルダーとして使える着脱式のトレイがあり、コインパーキングなど小銭が必要な場面が多い人にとっては嬉しい仕様となっています。

また、電源ソケットも装備されており、機能性も抜群です。

トレイを外すとCDケースも楽に収まる程深い収納スペースが存在し、細々した物を置いておくには便利な場所となっています。

リヤシートセンターアームレスト

https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.htmlより引用

後席中央に存在するリヤシートセンターアームレストにはドリンクホルダーが付いています。

サイズも大きく、ひじ掛けとしても使える便利な装備です。

新型フォレスターの内装をまとめると?

新型フォレスターの内装について調べてみました!

新型フォレスターはスバル車らしい、レーシングマシンを想像させるスポーティーなインパネが採用されており、運転席部分はカッコいいの一言ですね。

また、様々なシステムが搭載されており、新型フォレスターから初採用となったドライバーモニタリングシステムはかなり便利な機能となっていました

さらに、グレードによって選択できるシート色は新型フォレスターの内装をガラッと変化させるほどのインパクトがありますよね。

特にX-BREAKのオレンジのステッチや装飾はカッコ良く、Advanceで選択できるブラックのシートはオシャレな印象を与えてくれます。

収納スペースも多彩で、バックミラー付近のオーバーヘッドコンソールボックスは斬新な作りとなっていますよね。

調べれば調べる程、新型フォレスターの内装はデザイン性や機能性などの面から素晴らしい作りとなっている事が良く解りました。

エクステリアと同様に重要視される内装ですが、これだけレベルの高い作りのフォレスターですので万人ウケする事は間違いないと思います!

新型フォレスターの内装はレベルが高く、素晴らしい作りとなっていると断言して間違いないでしょう!

新型フォレスターを50万円安く買う方法とは?

新型フォレスター、カッコいいですよね!

SUVらしいエクステリアやスポーティーなインテリアは本当に素晴らしいです!
SUV車の購入を考える人にとっては発売したばかりの新型フォレスターは魅力的な車となっているのではないしょうか?
実際にスバルで新型フォレスターを見た事があるのですが、実物は写真で見る以上にカッコいい!
発売間もない車ですし、購入できれば大きな所有感も得られそうですよね!
そう思いながら、ワクワクして実車を見ていましたのですが、 ここで一気に現実に引き戻される出来事が!!
新車は高価であり、出たての車なので値引き額も期待できません!
新型のフォレスターを諦めたくない…
グレードも妥協したくない…
オプションも付けたい…
しかし、値引きが期待できない…
そもそも値下げ交渉が苦手だな…
などなど、悩みは尽きません…
車の性能については色々な情報を得る事が出来ますが費用を安く済ませる方法は誰も教えてくれない…
家族からは「安く済ませる方がいいじゃない」とも言われ、相談も出来ません…
しかし、どうしても発売間もない新型フォレスターが欲しい!!
そこで思いついたのが、 下取りより買取!
僕が8年乗り続けた車をディーラーに下取りに出したところ、他社からスバルへの乗り換えという事もあり、おまけをして貰って20万円!
苦手ながらも交渉を続けた結果、この時点で30万円値引いている状態でした。
あともう少し値引きできないか…
そう考えていた僕はとりあえず話を保留し、この日は帰宅する事に。
そして、次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…
なんと、 70万円も安く買えました!
欲しかった新型フォレスターを購入でき、所有感も存分に得られて本当に気分が良いです!!
僕みたいに新型フォレスターを、納得できる金額で欲しいですよね?
そんなあなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これがかなり重要です!
ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。
その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!