下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う

これがかなり重要です!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。

その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!



車体価格や燃費など車を購入する時に気にする項目はかなり多いですよね。

そんな中で意外と忘れがちなのが車にかかる税金ではないでしょうか?

車体代金が払い終わりさえすれば後は大丈夫!!と考えており、いざ税金の請求が来て金額の高さにビックリしてしまう人も多いと思います。

その様な事態にならないように車体購入前から新型フォレスターにかかるをしっかり計算し、いざという時慌てないように準備しておきましょう!

エコカー減税とは?

車の税金にはエコカー減税やグリーン化特約と言った税金が減税される制度があります!

これらの名前はどなたでも一度は聞いたことがあると思いますが、どのような制度なのか解らず混乱してしまっている人もいるのではないでしょうか?

新型フォレスターにかかる税金を調べる前にまずはエコカー減税やグリーン化特約について説明していきましょう!

まずはエコカー減税についてです!

エコカー減税とはエコカー減税とは環境性能に優れたクルマに対し、自動車重量税や自動車取得税が軽減される優遇措置のことです。

エコカー減税は上記の通り、自動車重量税や自動車収得税への減税措置となっており、自動車税が対象ではありません。

ちなみに自動車重量税は車体の重量によって決まる税金であり、自動車を取得した場合と車検時に納付します。

これに自動車取得税は自動車を取得(新車又は中古車の新規・移転登録)した時に支払い義務が出てきます。

エコカー減税は基準により受けられる減税措置が変化していき、車の購入時に支払う自動車収得税と自動車重量税の金額に影響していきます!

新型フォレスターはエコカー減税対象車?

自動車重量税や取得税に対しての減税措置であるエコカー減税ですが、対象となるにはいくつかの条件をクリアしないといけません。

その条件とは以下の表の通りとなっています。

https://www.subaru.jp/ecocar/tax/index.htmlより引用

まずは表の一番上の車両の種類ですが、新型フォレスターはハイブリッド車もしくはガソリン車のみとなっていますので、こちらは全グレードがクリアとなっています。

次に、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」という基準ですが、こちらは「平成30年排出ガス基準50%低減以上」という基準をみたした場合でもクリアとなっており、新型フォレスターは全グレードが「平成30年排出ガス基準50%低減」となっています。

最後に「平成32年度燃費基準」が達成しているか?また、達成している場合の達成度合により、エコカー減税が受けられるか、受けられる場合はどの程度の減税額なのかが決定されます。

では新型フォレスターの燃費基準の達成度合いですが、Touring、Premium、X-BREAKは「平成27年度燃費基準+5%達成」、Advanceは「平成32年度燃費基準+10%達成」となっています。

さらにAdvanceはメーカーオプションで大型サンルーフを装着した場合には「平成32年度燃費基準+20%達成」となっており、各グレードによっ減税措置の有無や減税率が変化します。

以上の項目により、新型フォレスターではTouring、Premium、X-BREAKは「平成32年度燃費基準」を達成していない為、エコカー減税を受ける事が出来ずに、エコカー減税を受けられるグレードはAdvanceのみとなります。

さらにAdvanceは大型サンルーフの有無により、減税率が変化する事になります。

グリーン化特約とは?

では次にグリーン化特約について調べて行きましょう!

グリーン化特例とは、環境性能に優れた「エコカー」に対して用いられる優遇措置があり、平成31年3月31日までに新車登録を行った場合は、燃費基準の達成度合により自動車税は「概ね50%~75%」の減税が行われる制度の事を指します。

非常に難解で解りにくいですが、ポイントは新車を登録した場合、翌年度分の自動車税に対して行われる減税措置という事であり、購入時に支払う自動車税に他する措置ではりません。

新型フォレスターはグリーン化特約を受けられる?

では新型フォレスターがグリーン化特約を受けられるか考えていきましょう!

エコカー減税同様にグリーン化特約にも条件があり、条件次第で減税額が変わっていきます!

http://kuru-ma.com/etc/zeikin.htmlより引用

新型フォレスターはTouring、Premium、X-BREAKは「平成27年度燃費基準+5%達成」、Advanceは「平成32年度燃費基準+10%達成」、Advanceはメーカーオプションで大型サンルーフを装着した場合には「平成32年度燃費基準+20%達成」となっているましたよね。

この事から新型フォレスターでグリーン化特約を受ける事が出来るグレードはAdvanceのみとなります!

新型フォレスターのエコカー減税とグリーン化特約の減税額は?

では、新型フォレスターAdvanceグレードが受ける事が出来る減税額について見ていきましょう!

新型フォレスターAdvanceグレードの減税額はこちらです!

https://www.subaru.jp/ecocar/lineup/forester/index.htmlより引用

メーカーオプションである大型サンルーフの有無により「平成32年度燃費基準」の達成度が変化する為、エコカー減税の条件が変動し減税額が変わってきています!

新型フォレスターにかかる自動車重量税は?

では、エコカー減税を考えて、新型フォレスターにかかる自動車重量税を見ていきましょう!

自動車重量税とは自動車の重さによって変動する税金であり、新型フォレスターの全グレードは1.5トン超~2トン以下の区分に属している為、新車購入時は30000円、初回車検時は20000円となっています。

エコカー減税対象であるAdvanceは新車購入時30000円に対し、減税の措置が取られます!

その結果、グレード毎の自動車重量税は

Touring、Premium、X-BREAK

・購入時:30,000円
・以後の車検の度:20,000円

Advance

・購入時:50%減税により15,000円
・以後の車検の度:20,000円

大型サンルーフ付きAdvance

・購入時:75%減税により7500円
・以後の車検の度:20,000円

となります!

新型フォレスターにかかる自動車税は?

自動車税は車の排気量によって金額が変わっていきますよ。

新型フォレスターはTouring、Premium、X-BREAKは2.5ℓ、Advanceは2.0ℓとなり、Touring、Premium、X-BREAKは45,000円、Advanceは39,500円となっています。

さらにAdvanceにはグリーン化特約が適用されるため、購入翌年に支払う自動車税が減税されます。

では、グレード毎の自動車税をみていきましょう!

Touring、Premium、X-BREAK

・購入時:45,000円
・2年目以降:45,000円

Advance

・購入時:39,500円
・2年目:概ね50%減税により20,000円
・3年目以降:39,500円

大型サンルーフ付きAdvance

・購入時:39,500円
・2年目:概ね50%減税により20,000円
・3年目以降:39,500円

となっています。

新型フォレスターはサポカー減税対象車?

現在、CMなどでよく耳にするサポカーという単語をよく耳にします。

サポカーとは「セーフティ・サポートカー」の愛称であり、簡単に言うと自動ブレーキを搭載した車になっています。

さらにサポカーに、高齢者に多いといわれるペダルの踏み間違い事故防止をサポートする機能を搭載したクルマをサポカーSと呼び、サポカーSは装備している技術により、「サポカーS ワイド」「サポカーS ベーシック+」「サポカーS ベーシック」の3つに分類されます。

https://www.subaru.jp/safety/sapo-car/より引用

政府は平成32年までに国内メーカーが販売する新車のほぼ全車種がサポカーとなる事を目指しており、サポカー普及の一環として購入者には減税や補助金支給などが検討されています。

この減税措置がサポカー減税と呼ばれる物であり、鳥取県では、講習を受けた高齢者がサポカーを購入する際、補助金として3万円を支給するモデル事業が既に行われているようです。

他にも任意自動車保険の保険料金が値引きされるという報道もありましたが、現在ではサポカーに対する優遇措置に目立った動きは無く、今後の展開が期待されています。

さて、新型フォレスターですが、アイサイトを始めとする安全支援運転システムが搭載されており、その結果、最も安全性能が高いのがサポカーSワイドに位置付けられており、サポカー減税対象車となっています。

高齢者を対象としてサポカー減税や補助金などを実施する自治体が増えることが予想されていますので、今後新型フォレスターを購入する事により、優遇措置を受け入れられる可能性があります!

具体的に内容が決まる時を期待して待っていましょう!

新型フォレスターにかかる税金をまとめると

今回は新型フォレスターにかかる税金について調べてみました!

車の購入後に気にしないといけない税金は自動車重量税と自動車税で、新型フォレスターではAdvanceのみがエコカー減税やグリーン化特約を受ける事が出来る為、グレードによって納付する金額が異なっています。

グレードと納付する金額をまとめると以下の通りです!

Touring、Premium、X-BREAK

自動車重量税
・購入時:30,000円
・以後の車検の度:20,000円

自動車税
・購入時:45,000円
・2年目以降:45,000円

Advance

自動車重量税
・購入時:50%減税により15,000円
・以後の車検の度:20,000円

自動車税
・購入時:39,500円
・2年目:概ね50%減税により20,000円
・3年目以降:39,500円

大型サンルーフ付きAdvance

自動車重量税
・購入時:75%減税により7500円
・以後の車検の度:20,000円

自動車税
・購入時:39,500円
・2年目:概ね50%減税により20,000円
・3年目以降:39,500円

自動車重量税と自動車税は車を持っているとどうしても必要な費用となりますので、新型フォレスター購入後、税金の請求時に慌てないように事前にしっかりと確認しておきましょう!

新型フォレスターを50万円安く買う方法とは?

新型フォレスター、カッコいいですよね!

SUVらしいエクステリアやスポーティーなインテリアは本当に素晴らしいです!
SUV車の購入を考える人にとっては発売したばかりの新型フォレスターは魅力的な車となっているのではないしょうか?
実際にスバルで新型フォレスターを見た事があるのですが、実物は写真で見る以上にカッコいい!
発売間もない車ですし、購入できれば大きな所有感も得られそうですよね!
そう思いながら、ワクワクして実車を見ていましたのですが、 ここで一気に現実に引き戻される出来事が!!
新車は高価であり、出たての車なので値引き額も期待できません!
新型のフォレスターを諦めたくない…
グレードも妥協したくない…
オプションも付けたい…
しかし、値引きが期待できない…
そもそも値下げ交渉が苦手だな…
などなど、悩みは尽きません…
車の性能については色々な情報を得る事が出来ますが費用を安く済ませる方法は誰も教えてくれない…
家族からは「安く済ませる方がいいじゃない」とも言われ、相談も出来ません…
しかし、どうしても発売間もない新型フォレスターが欲しい!!
そこで思いついたのが、 下取りより買取!
僕が8年乗り続けた車をディーラーに下取りに出したところ、他社からスバルへの乗り換えという事もあり、おまけをして貰って20万円!
苦手ながらも交渉を続けた結果、この時点で30万円値引いている状態でした。
あともう少し値引きできないか…
そう考えていた僕はとりあえず話を保留し、この日は帰宅する事に。
そして、次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…
なんと、 70万円も安く買えました!
欲しかった新型フォレスターを購入でき、所有感も存分に得られて本当に気分が良いです!!
僕みたいに新型フォレスターを、納得できる金額で欲しいですよね?
そんなあなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これがかなり重要です!
ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。
その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!