下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う

これがかなり重要です!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。

その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!


2018年7月にフルモデルチェンジが実施されたフォレスター。

ハイブリッド車の登場やターボ車の廃止など様々な変更が行われ、大きな話題となっていました。

そんな新型フォレスターのタイヤサイズはどのようになっているのでしょうか?

ドレスアップとしてインチをあげたい人、スタッドレスタイヤを使用するためにインチをダウンさせたい人。

色々な目的でタイヤのサイズを変更する場面があると思います。

そんな人の為に、新型フォレスターのタイヤサイズについて調べてみました。

新型フォレスターのタイヤサイズは?

では新型フォレスターのタイヤサイズについて見て行きましょう。

純正として使用されているタイヤのサイズはグレードによって異なっており、グレードとタイヤサイズの関係は以下の表の通りとなっています。

グレード サイズ タイヤ種類
Touring 225/60R17 サマータイヤ
Premium 225/55R18 サマータイヤ
X-BREAK 225/60R17 オールシーズンタイヤ
Advance 225/55R18 サマータイヤ

エントリーグレードとなるTouringとアウトレジャーに特化したX-Breakで17インチを。

上級グレードとなるPremiumとフォレスター初となるハイブリッドモデルAdvanceには18インチが採用されています。

グレードが上がるほどタイヤのサイズが大きくなる傾向にあるようですね。

次に注目したいのは使用しているタイヤの種類。

Touring、Premium、Advanceはサマータイヤを使用していますが、X-Breakのみオールシーズンタイヤが採用されています。

オールシーズンタイヤとはその名前の通り、1年中使用できるタイヤであり多少の雪は走行が可能となっています。

アウトレジャー目的というイメージが強いX-Breakならではの装備ですよね。

ただし、オールシーズンタイヤが全能かと言いますとその様な事はなく、スタッドレスに比べると氷雪上性能はかなり落ちるタイヤとなっています。

その為、冬季に道路が凍結するような地域にお住まいの方やウインタースポーツで豪雪地帯へと赴く方にはスタッドレスタイヤが必須となっていきますので注意しましょう。

サイズ変更時に適合するタイヤサイズは?

では次に新型フォレスターに適合するタイヤサイズについて紹介していきます。

タイヤのサイズを交換するときに気をつけなければいけないことはタイヤの外周の大きさが変更されないこと。

もしタイヤの外周が変更されてしまうとタイヤが1回転する間に進む距離が変わってしまい、その結果スピードメーターなどに誤差が生じてしまいます。

そうなると知らず知らずの間に制限速度をオーバーし、最悪の場合、警察に捕まるなども考えられますので注意しましょう。

それでは、各グレードに適合するタイヤサイズを紹介します。

ただし、今回紹介するタイヤサイズは参考程度とし、最終的にはディーラーやタイヤ販売店の店員さんへの確認を行う事をおススメします。

言うまでもありませんがタイヤは車にとって非常に重要なパーツとなっていますので、不具合などが生じてしまいますと事故の原因となり取り返しのつかない状態も考えられますので慎重に選択してくださいね!

では、以下各グレードに適合するタイヤサイズとなっています。

Touring、X-Break

純正が225/60R17のタイヤサイズであるTouring、X-Breakに適合するサイズは以下の通り。

ホイールインチダウン

『225/60R16』『235/60R16』『205/65R16』『215/65R16』『225/65R16』『205/70R16』『215/70R16』『225/70R16』『175/80R16』『185/85R16』

ホイール変更なし

 
『225/55R17』『235/55R17』『245/55R17』『215/60R17』『225/60R17』『225/65R1』

ホイールインチアップ

『275/40R18』『245/45R18』『255/45R18』『275/45R18』『225/50R18』『235/50R18』『245/50R18』『215/55R18』『225/55R18』『235/55R18』『225/60R18』

Premium、Advance

純正が225/55R18のタイヤサイズであるPremium、Advanceに適合するサイズは以下の通り。

ホイールインチダウン

『205/65R17』『205/70R17』『215/60R17』『215/65R17』『225/60R17』『235/55R17』『235/60R17』『245/55R17』『255/50R17』『255/55R17』

ホイール変更なし

 
『205/60R18』『215/55R18』『215/60R18』『235/50R18』『235/55R18』『245/50R18』『255/45R18』『255/50R18』

ホイールインチアップ

『205/50R19』『205/55R19』『215/50R19』『225/50R19』『235/45R19』『235/50R19』『245/45R19』『255/40R19』『255/45R19』

タイヤサイズの見方は?

今まで新型フォレスターのタイヤサイズや適合サイズを見てきましたが、この数字の並びがどの様な意味を持っているのか良くわからない人もいると思います。

知らなくても特に問題は無いのですが、気になる人の為にどの様な意味があるのか調べてみました。

Touring、X-Breakのタイヤサイズである『225/60R17』を例にとって見ていきましょう。

各数字と文字の意味は以下の通りです。

225→タイヤの幅
60→扁平率
R→ラジアル構造
17→インチ

http://www.yakudatsujoho.com/post-4279/より引用

タイヤの幅

文字列冒頭に書いている数字はタイヤの幅を表しています。

使用されている単位は「mm」ですので225は225mmとなります。

扁平率

「/」の後ろに記載されている数字は扁平率と呼ばれている数字で、タイヤの断面の高さをタイヤの幅で割った値となっています。

http://www.k-taiya.com/point.htmlより引用

扁平率が高くなるほどクッション部分が厚くなり接地面が狭くなる為、乗り心地が良くなり、逆に低くなると乗り心地は悪くなってしまいます。

しかし、扁平率の低いタイヤにはハンドル操作に対し車の反応が良くなるという効果もあります。

ラジアル構造

「R」はタイヤの構造であるラジアル構造を示しています。

ラジアル構造は現在タイヤの主流構造となっており、この構造以外にはトラックやバスに使用されているバイアス構造というものが存在します。

インチ径

インチ系はタイヤが適合するホイールの直径を表しています。

Touring、X-Breakは17インチ、Premium、Advanceは18インチが適合サイズでしたよね。

ちなみに1インチ=25.4mmなので17インチは431.8mm、18インチは457.2mmとなります。

新型フォレスターのタイヤサイズについてまとめると

今回は新型フォレスターのタイヤサイズについて調べてみました。

新型フォレスターはグレードによってタイヤサイズは変更されており、Touring、X-Breakは17インチ、Premium、Advanceは18インチとなっていました。

さらに、Touring、Premium、Advanceはサマータイヤが使用されており、X-Breakのみオールシーズンタイヤが標準装備されています。

オールシーズンタイヤはどの季節でも適合できる非常に便利なタイヤとなっていましたが、氷雪上での性能はスタッドレスには劣っており、雪国などで生活する人はタイヤ交換が必須となっています。

スタッドレスタイヤの購入の為にインチダウンを考える人や、ドレスアップのためインチアップを行おうとする人も思います。

そんな人のため、新型フォレスターの適合するタイヤサイズも記載しましたので、是非参考にしてみてください。

ただし、タイヤは車にとって非常に重要なパーツとなっており不具合などが生じてしまいますと事故の原因となり取り返しのつかない状態も想像できます。

その為、最終的にはディーラーやタイヤ販売店の店員さんへ確認を行い、タイヤを交換するようにしましょう。

不安を無くしてタイヤ交換やカスタマイズを行ってくださいね。

新型フォレスターを50万円安く買う方法とは?

新型フォレスター、カッコいいですよね!

SUVらしいエクステリアやスポーティーなインテリアは本当に素晴らしいです!
SUV車の購入を考える人にとっては発売したばかりの新型フォレスターは魅力的な車となっているのではないしょうか?
実際にスバルで新型フォレスターを見た事があるのですが、実物は写真で見る以上にカッコいい!
発売間もない車ですし、購入できれば大きな所有感も得られそうですよね!
そう思いながら、ワクワクして実車を見ていましたのですが、 ここで一気に現実に引き戻される出来事が!!
新車は高価であり、出たての車なので値引き額も期待できません!
新型のフォレスターを諦めたくない…
グレードも妥協したくない…
オプションも付けたい…
しかし、値引きが期待できない…
そもそも値下げ交渉が苦手だな…
などなど、悩みは尽きません…
車の性能については色々な情報を得る事が出来ますが費用を安く済ませる方法は誰も教えてくれない…
家族からは「安く済ませる方がいいじゃない」とも言われ、相談も出来ません…
しかし、どうしても発売間もない新型フォレスターが欲しい!!
そこで思いついたのが、 下取りより買取!
僕が8年乗り続けた車をディーラーに下取りに出したところ、他社からスバルへの乗り換えという事もあり、おまけをして貰って20万円!
苦手ながらも交渉を続けた結果、この時点で30万円値引いている状態でした。
あともう少し値引きできないか…
そう考えていた僕はとりあえず話を保留し、この日は帰宅する事に。
そして、次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…
なんと、 70万円も安く買えました!
欲しかった新型フォレスターを購入でき、所有感も存分に得られて本当に気分が良いです!!
僕みたいに新型フォレスターを、納得できる金額で欲しいですよね?
そんなあなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これがかなり重要です!
ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。
その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!